歯医者といえばインプラント

歯医者の世界で近年もっとも注目されている治療と言っても過言では無いのがインプラントです。
インプラントはそれまでの歯科治療の常識を覆す治療と言っても過言ではありません。
治療のベクトルとしては入れ歯や差し歯と同じものです。

失ってしまった歯の代用品をどうするか。
これがインプラントなのですが、入れ歯や差し歯とは異なり、歯茎に穴を開けて土台を埋め、そこに歯の代用品を建てるのです。
鉄筋コンクリートマンションのような技術を口の中で行う事になるのですが、インプラントであれば入れ歯や差し歯にあった「外れたらどうしよう」といった危機感から脱却する事が出来ます。

入れ歯や差し歯も素晴らしい治療ではありますが、どうしても「外れる恐怖」を拭い去る事が出来ません。
その点インプラントの場合、土台の部分から直結させる事になりますので、そうそう簡単には外れません。
このように、メリット面を並べていくとインプラントが如何に素晴らしい治療なのかという事に気付かされるのですが、インプラントは歯医者の力量に左右されると言われています。

それもそのはず、先にもお話したように、口の中で細々とした施術を行うのです。
決して誰でも出来るようなものではありませんので、歯医者の力量によって出来栄えに大きな違いが出てくるのです。
ですので、インプラントに関して言えば「歯医者ならどこでも同じ」とは言い切れない部分があります。

そもそも昔から歯医者は技術職とも言われてきました。
入れ歯にせよ差し歯にせよ、更には虫歯治療等、歯医者の技術次第で出来栄えが大きく変わると言われてきました。
虫歯にしても、どれだけ削るかは歯医者によって異なります。

それぞれの考え方がありますので、コンセプト等が微妙に異なってくるのも致し方ない話ではありますが、だからこそ歯医者選びがとても大切でもあるのです。
インプラントに限らず、歯医者選びを間違えると大変な事になってしまうのですから。

 

小手指 歯医者
米西海岸、アザラシ類の救出数が増加
シャープ、5.2型フルHD IGZOのスマホ「AQUOS Xx 304SH」。ブランドはAQUOSに統一

Comments are closed.