初節句の雛人形

もうすぐ初節句。

両親にとっても初孫なので気合が入っているようです。

私は自分のひな人形があり、それにとても深い思い入れがるのでその人形を娘にあげたいと思っているのですが、両親が言うには雛人形はその子その子に新しいものを用意するべきで引き継いでいかないほうがいいよとのこと。

そんなものかと思いながらも両親が用意してくれるというので雛人形を探してみました。

昔は3段飾り、7段飾りが多かったと思うのですが、今はコンパクトにまとめられてすっきり収納できるように工夫された雛人形も豊富です。

マンション暮らしの我が家でも飾れるケースが飾り棚になるタイプのものに惹かれました。

飾った後は収納ケースとしてコンパクトになるものです。

雛人形は女の子がお嫁に行くまでずっと毎年かざり続けるもの。

愛情を持って長く付き合えるおひな様を探すために、色々な店を見てゆっくり決めたいと思いました。

それを喜んで娘のために買ってくれるという両親にも感謝です。

Comments are closed.