あまりにもひどい場合は注意

生理痛はその痛みの強さが人それぞれですが、多くの方が感じる痛みです。

ただその痛みがあまりにもひどかったりする場合、もしかすると病気が潜んでいる可能性もでてきます。

生理痛が重いという症状を表す病気はいろいろあります。

月経困難症は、その名の通り月経時に普通に生活することが困難な病気です。

ひどい人になると生理の間ずっと寝込んでしまって、学校や職場にいけなくなる人もいます。

生理痛だけでなく吐き気や頭痛を伴う人もいます。

月経困難症は子宮に病気があることを教えてくれることもあります。

たとえば子宮内膜症や子宮筋腫の場合、実際にこの病気を患った人の多くは最初に病気に気づいたきっかけは月経困難症のことが多いです。

まだ若い人の間でも子宮内膜症は多く、症状が悪化すると将来不妊の原因になってしまうこともあります。

子宮筋腫の場合は重い生理痛とあわせて、大量の出血を伴うことがあります。

生理が来るたびに生理痛がひどく、貧血気味だという人は、このような病気が隠れている可能性もあるということを知っておいてください。

たかが生理痛と思っていても、実は注意しなければいけないケースもたくさんあります。

薬を飲んでも効かなかったり、いつまでも痛みや出血が続くような場合は、できるだけ病院などを受診したほうが良いと思います。

 

ひどい生理痛で悩んでいるあなたへ。生理痛の原因や症状、改善方法などを紹介しています。ひどい・痛い・重い生理痛から抜け出しましょう!

Comments are closed.