DVDプレスは国内と海外があります

DVDプレスについてなのですが、実は国内タイプと海外タイプのものがあるのです。

その国内タイプと海外タイプについてなのですが、国内と海外はいわゆる工場のある場所を意味しています。

国内工場でつくるDVDと海外工場でつくるDVDとなっています。

問題なのが費用です。

DVDプレスなのですが、基本的には海外工場のほうが安くDVDを作っていくこともできるようになっています。

国内工場のほうは海外工場に比べまして費用のほうはかかるようになっています。

費用的には頼む枚数にもよるのですが、平均的には1枚当たり10円ほど違うのではないかといわれています。

大口注文になりますと、仮に10000枚をプレスするとなりますと、国内と海外では10万円前後の価格差になってしまうこともあるのです。

その差はかなり大きいですので、国内を選ぶのか海外を選ぶのか、ということは重要な存在になっています。

DVDプレス フルパッケージ製造「トールケース仕様」

ただし、サポート体制に違いがあることも事実です。

国内工場の場合は不備がありましたら、すぐに対応がしていただけるのですが、海外工場ともなりますとすぐには対応できないことが多くなっています。

その点は注意していくべき部分ですので、しっかりと着目していくことがお勧めになっています。

海外工場は日数も国内よりかかります。

そういったことを考えますと、まだ日数に余裕があるという場合に特にお勧めになっているといえるでしょう。

日数によりまして、国内と海外の利用を変えていくというものがお勧めです。

Comments are closed.