動物病院で安心を得る

私の家ではフレンチブルドッグを飼っています。

飼い始めて3年ほど経ちます。

飼い始めた当初は初めて動物を飼ったというのもあって、わからない事ばかりで少し様子がおかしいと不安で心配する事が多かったです。

少しでも心配な事があったら動物病院へ行っていました。

最初は心配し過ぎな部分も多かったと思います。

もう落ち着いた感じになっていたのに去年は、誤飲をしたりして大変なこともありました。

その時は本当に気持ちは落ち着かなかったです。

もしお腹を切って出すという事になったらと、麻酔のリスクが心配で不安な気持ちでいっぱいでした。

診療時間ではなかったのですが、事情を話して薬を飲んで誤飲した物を吐き出せたのでよかったです。

誤飲は飼い主の責任です。

それまでも気をつけてはいたけれど注意が足りなかったのだと反省しました。

またフレンチブルドッグには肌が弱い子が多いのですが、私の家の子もアレルギーがあります。

なので病院で薬を出してもらったり、ドッグフードも療養食を勧められて食べています。

また最近は近くで炭酸泉に入れる所が出来たので利用しています。

そのおかげか肌も以前より調子がよくて落ち着いてきています。

これからも元気でずっと一緒にいる為に話せないペットの様子をきちんと見ていきたいです。

少しでも様子が気になる時は信頼しているいつもの動物病院で見てもらおうと思います。

いつも心配な点を質問すると丁寧に答えてもらえるので安心できます。

 

[広告] 猫の病院シュシュキャットクリニックは東京都江戸川区にある猫専門の動物病院です。江戸川区 動物病院 ねこ

Comments are closed.