自賠責保険と任意の自動車保険

最近お年寄りの交通事故のニュースよく聞きます。

よくニュースになるのはコンビニでアクセルとブレーキを間違えて踏んでしまったと言うようにニュースです。

一般道を運転しているもみじマークの自動車に必ず出くわします。

特に女性の高齢者のドライバーの場合予測不能な動きをすることがあります。

例えば方向指示器も出さないで急に道の真ん中に停車することがあるのです。

方向指示器である一定の自分の行動を後続車に伝えてから行動ではなく、一方的に自分の行動をしてしまいます。

予測不能なことを原因として事故が増加するかもしれないと思っています。

そこで自動車保険が重要になってきますが、自動車保険には自賠責保険といわれる強制保険とその自賠責保険が補償できない範囲の保障をする任意保険とがあります。

自賠責保険は必ず加入しなければなりません。

http://www.adia.jp/

しかし、その補償対象はあくまでも事故の被害者に対しての賠償責任を補償するものであってドライバー本人や同乗者は補償の対象から外れています。

それに自賠責保険の補償限度額が相手を死亡させて3000万円、怪我で120万円までです。

これではどうみても補償金額は少ないと思います。

このように任意保険は自賠責保険の補償範囲をこれる賠償責任を補償するために加入していると言えます。

そして交通事故は無過失責任が原則です。

事故の当事者となった場合ドライバーは過失がなくても損害賠償をしなくてはなりません。

このように自動車保険はドライバーと被害者の双方を守るものなのです。

Tags:

Comments are closed.