企業の子会社設立を実施して

企業に勤めていたころ、バブルの時代に、その企業の景気も良かったので、次々と、子会社を設立してゆきました。

私は、その時は、企業の企画部門に所属していましたので、会社設立には、何回か担当いたしました。

本当に自分の会社を設立するのには、その手順もさることながら、まずは資金の調達から始めなければなりませんので、それはそれは大変な事だと思いますが、私が立ち上げたのは、企業の子会社ですから、資金などの面倒な事は全く、タッチしなくて、ただ、手続きの作業を実施したにすぎません。

しかしその手続きだけでも、大変な作業でした。

法務や登記の問題、人の問題、取締役を誰にするかの問題など、数えればきりがないほど、色々な事を決めてゆかねばなりませんでした。

そのような事をいろいろ実施市ながら、ようやく、その企業の立ち上げの時を迎えたのですが、自分はその企業には所属しませんでしたが、設立の発表会や、設立パーティーの事などは、立ち上げた担当者として立ち会いました。

しかし、そのときは何か厚いものがこみあげてきて、感無量になったのを覚えています。

その後も、何かと、その企業の成績とか、利益とかが気になり、折に触れて、その企業を応援するようになったのです。

立ち上げれば自分の仕事は、もう終えたのですから、そんなことは、お構いなしに担当している仕事に熱中すればいいとは、頭では理解していましたが、自分が退職するまで、やはり気になっていたのを覚えています。

 

[PR] 会社設立なら神戸にある設立実績300件以上の経理代行神戸をご利用ください。http://www.from1yen.com/

Comments are closed.