のぼり旗でイメージするのは

私のような中年世代だと、神社のお祭りや縁日商店街の売り出しなど、子供の頃からウキウキしながら親しんだ光景には必ず、のぼり旗が登場します。

日本人にはお馴染みの広告ですね。

のぼり旗は、一般的なサイズとしては、幅が60センチ高さが180センチの物が標準です。

旗を立てるには当然ポールが必要です。

このポールは伸縮できる最長3メートルサイズが一般的で、ホームセンター等で500円程度で売っています。

旗のほうは、昔に比べれば色もデザインも多様化して中にはお洒落な英単語が書かれた旗もありますね。

視覚的効果に優れた配置法もあるんですよ。

道路際に横一列に飾る時は、沢山並べればいいってもんじゃなくてのぼり旗とのぼり旗の間は、大体3メートル空けるのが定石です。

こうすると歩行者にも、車に乗っている人にも見やすいんですね。

旗に描く文字は、小さくてゴチャゴチャしているのは見難いので大きく、簡素で、訴えかける言葉が良いですね。

家にもなかなか嫁に行ってくれない娘がいるので、花婿募集!と書いたのぼりでも立てようかな(笑

 

関連リンク
横断幕 作成

Comments are closed.