住宅ローン滞納と借り換えについて

住宅を購入する時には、現金で住宅を購入することは無理でもあるので、多くの人は金融機関より住宅ローンを組んで借り入れして購入しているはずです。

しかし、毎月支払っている住宅ローンを支払わないまま放置しておくと住宅ローン滞納ということになり、不動産の担保権が実行されて、住宅を所有できず明け渡さなければならないことになってしまいます。

住宅ローンの問題には、毎月の支払額がどのくらいかの問題もありますが、まずは滞納する前に払いやすくなるように借り換えを検討した方が良い場合もあります。

つまり、今までの借り入れた金融機関の残額を別の金融機関から一括で借りて、それで支払ってしまい別の金融機関で新たにローンを組むということです。

おそらく契約時の金利を元にトータルの支払額が決まっているので、低金利の現在に借り換えた方がトータル計が安くなったりする場合があるかもしれません。

そして、月々の負担額を減らすことも可能であれば、そういったことも検討することが一番でもあります。

家計もローン契約時の状況と現在の状況とが、大幅に違ってきていることも多いので月々でもトータルでも負担を最小限に抑えることは必要だと思います。

 

住宅ローン滞納のことならここ
http://hokuyojisho.com/ninbai/

札幌で任意売却をお考えでしたらお勧めします。

Comments are closed.