高値で車買取いたします!

はい、こんな謳い文句を見かけたことありますよね?

でもこれって100%嘘だと思いませんか?

そうです、車を買うときの値段以上に買取価格が上がることはありませんし、車買取業者もそれ以上の値段で「必ず」車は売りますので、その差額を誰が負担しているのか?と考えれば自ずと答えは出てきますよね。

その間車を使用したアナタです。

しかしその間の使用を踏まえて減価償却するにしては値落ちが激しい・・・のが残念ながら車の買取なのです。

ちなみに下取価格の基準も不明瞭なものが多いのが現状ですが、何故下取り価格は叩かれるのか考えてみました。

簡単なことです。それはズバリ維持費が高いからでしょう。

中間業者であれば、そこのコストを圧縮することが可能ですが、個人所有の場合、売りたいタイミングと「誰か」が買いたいタイミングが一致することは稀ですから、その間の維持費の負担が重くて、業者を介して売りに出してしまう・・・というわけです。

そうするとどうしても中間マージンという捨て金が出てしまうというわけです。

ここは本当に上手く出来ていると脱帽します^^

車買取ならここをまずチェック ⇒ HP

Comments are closed.