農地転用の手続きに行政書士を使う

先祖から譲り受けた農地をほかのものに利用したいと考えることもあると思いますし、あるいは売却したいと考えることもあるでしょう。

このようなときにはどのような手続きを行えばよいのでしょうか。

この手続きを自分ですることも可能ですが、行政書士に依頼するという方法も考えておくのが良いと思います。

農地をほかの用途で使いたいということになると農地転用の許可申請と言うものが必要になってきます。

農地転用と言うのは、その名前のとおりで農地をほかの目的で使うということなのです。

具体的には住宅地や工場用地や、あるいは資材置き場や駐車場などに使う場合に申請しなければならないことになっています。

また、農地を売買するときにも許可を取らなければならないでしょう。

これらの手続きを自分でするのも良いと思いますが、経験を持つ行政書士に任せれば簡単に行ってくれるでしょう。

これも行政書士の利用の仕方の一つであると考えられるでしょう。

 

行政書士のオススメ通信講座
http://shikakugyousei.yumenogotoshi.com/

Comments are closed.